脱毛の歴史について知ろう

現在では一般的となった脱毛。年齢や性別を問わずさまざまな人が気軽に施術を受けています。しかし昔から脱毛は現在のようなスタイルだったのでしょうか?ここでは脱毛の歴史について紹介します。

脱毛の歴史は以外に古い

美の追求は昔も今も女性のとって欠かせないことのようです。脱毛はおよそ今からなんと約2万年前から行われていたそうです。そのころは石器や貝殻、動物の骨などを使い削り取るようにムダ毛を剃っていたそうです。

脱毛クリームの誕生

紀元前4世紀くらいになると、香料を配合した粘度の高いペースト状の油脂を肌の上で転がして脱毛を行っていたそうです。今で言う脱毛クリームのようなものですね。

平安時代の貴族のたしなみ

日本では平安時代にハマグリの貝殻の外縁部を使って額の生え際の形を整えるために脱毛をしていたようです。このころ美しい生え際は美人の証でした。

本格的な永久脱毛は20世紀になってから

日本では現在のような本格的な脱毛が広まってきたのは20世紀になってからです。最初は海外からさまざまな脱毛方法を輸入していました。その後日本でも日本人の毛質や肌質にあわせて改良が続けられています。

長い歴史を経て今の脱毛がある

昔の脱毛は痛みが非常に強い上に効果もあまり続きませんでした。しかし長い年月をかけて今では痛みが少なくそして効果がほぼ永久という脱毛方法に進化しています。